肌のターンオーバーは、通常28日を周期として行われています。ターンオーバーがきちんと行われていると、ハリのある生き生きとしたきれいな肌を保つことができます。しかし、何らかの原因でターンオーバーのリズムが乱れて遅れるようになると、肌は紫外線や摩擦、化粧品などの刺激に弱くなり、カサカサと荒れ、クマもできるようになります。肌のターンオーバーが遅れる原因として、食生活の乱れや睡眠不足、運動不足といった生活習慣、ストレス、肌の手入れ不足、加齢などが挙げられます。潤いのある若々しい肌にするためには、ターンオーバーのリズムを修正し、促進させなければなりません。そのためには、原因となっていることを取り除くと同時に、肌のお手入れが大切です。例えば、クレンジングや洗顔で正しくスキンケアを行い、角質除去効果のある美容液やパックで古い角質を取り除きます。そして、肌の水分量を保ち、不足する栄養素を角質層に補給するといったように、肌のお手入れを見直すだけで、ターンオーバーを促進させることができます。また、体内環境を整えることも大事ですから、バランスのとれた食生活、適度な運動、ストレスの解消、十分な睡眠などを心掛けましょう。中でも睡眠は、ターンオーバーが活発に行われる午後10時から午前2時の間が重要。この時間帯にターンオーバーを妨げるようなことをしていると、肌の老化を早めてしまいます。それに、紫外線対策もターンオーバーを正常に保つには重要です。特に日差しの強い時間帯や、春先から夏にかけては紫外線が強いので、しっかりケアするようにしましょうー